勤怠管理とは、企業が従業員の就業状態を確認し管理するということです。何時に出社し何時に退社したかなどを管理することで、給料の計算を正しく行うことができます。このため勤怠管理は企業側、従業員側双方にとってとても重要なものなのです。多くの企業では、タイムレコーダーという機械にタイムカードと呼ばれる紙を差込時間を印字するという方法で勤怠管理が行われています。小さな会社などでは、従業員の自己申告制を取っているところもあります。自己申告制の場合は正しい時間を申告しているのか分かりませんし、タイムカードを使った場合も不正が行われるかもしれません。

このような不正があった場合、企業側には大きな不利益が生じます。この不利益を防ぐために最近ではICカード方式のタイムレコーダーを導入する企業も増えています。ICカード方式とは、社員証や社員の携帯電話などにICデータを入れて、それをタイムレコーダーにかざすことで勤怠管理ができるというものです。IC方式の良いところは不正がしにくいだけではありません。データの管理がスムーズに行えるのです。タイムレコーダに記録されたデータはそのままパソコンに送ることが可能です。パソコンでは、自動で従業員個人個人の給与計算を行ってくれます。以前のようにタイムカードに印字された時間を手作業でパソコンに打ち込む時間も短縮されますし、人の手によるミスも減ります。それにより企業は人件費削減ができますし、従業員は正しい給与を受け取ることができます。また、紙のタイムカードを使わないということで、タイムカードを購入する費用も削減でき大幅な経費削減につながります。IC方式のタイムレコーダの場合、残業のデータなどもしっかりと記録されます。

それらのデータをパソコンで解析することで、どんな時に残業が多いのかや一人の人に残業が偏っていないかなどをチェックすることもできます。この解析を行うことでより効率のよい業務をしていくことができます。多くの支店などをもつ企業では全ての支店の勤怠管理を一括して行うこともできます。一括して行うことで、経費削減になりますしそれぞれの店舗の従業員の状態も把握することができます。従業員の状況を把握することは、従業員のモチベーションアップさせるために大事なことです。サービス残業などが行われていないかなどしっかりとチェックして、従業員が安心して働くことができる環境を作るために勤怠管理を十分に活用することが大事です。

Leave a Reply

Required fields are marked*

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.