ファッションブランドショップの成功した戦略の例

女性ファッションブランドのお店は数あるショップの中で生き残るため独自のショップで戦略を作っているところが多いです。10代から20代にとても人気なあるショップの成功した例なのですが、リピートの顧客を作るために、接客した店員は顧客ノートをつけていました。顧客ノートには、そのお客様が来店された日時、購入品、どんな感じの人か、接客について何を話したかなどをメモして記憶に埋め込みます。また次回来年してくれた時に、以前買い物に来てくれた時のことを覚えててくれると嬉しいですよね。それを実現させてスタッフとの距離を近付けるのが戦略のひとつでした。また、顧客にはセールのお知らせや、フェアの実施などをダイレクトメールで送ることで、リピートを狙います。直筆で書くためスタッフの手間はかかりますが、コンピュータで打ったのを印刷して送るよりも、手書きの方が読みたくなりますよね。手間をかけて歩み寄ることで、顧客様を得ることができるのだと思いました。

ブランド戦略と成功例

ブランドの価値というのは、その名前や値段など様々な要素があります。安価な物であっても良質で種類豊富であればそのブランドが確立される可能性も高いのではないでしょうか。以前はその価値が高い値段であったことありますが、現在は消費者が手に入れやすい値段の物であっても戦略によって成功に至った例が多くあります。それは良い品質とサイズとカラーバリエーション、店舗が多く、またインターネットでの購入が可能。そういった消費者の目線で考えられた展開が成功へのカギを握っているようです。手に入れやすくファッショナブルで、ある程度流行も取り入れている。企業のさまざまな努力によって実現したこうしたブランドが今は海外でも注目されているようです。これからの時代はやはり海外でも活躍できるということが大切ではないでしょうか。それも企業の戦略としてきっと大きなキーワードとなることでしょう。

戦略的成功例、本当のブランドとは

一口に「ビジネス」といっても、様々な捉え方がある。お客様との商談を成功させる事…、会社内の作業効率を上げること…、経理上の節約…もちろん一番大事なのは『お金を儲けること』なのはわかるのだが、どういった戦略が必要なのかを日々の仕事から考えてみました。会社に利益をもたらす一番の方法は“社内の円滑化”が最優先される事が唯一成功するカギになると感じています。例をあげれば、商談が成功して仕事の依頼があったとしても、それをこなす現場の環境や社内の雰囲気が悪ければ、仕事自体が進むスピードがかなり遅れてしまうか全く進んでいかないという結果になります。現在の社会は、将来安定するような企業に巡り合える可能性が低いと思うが、特に若い世代の人は会社選びも大変であろう。自社のブランドは“人”といえる会社は今いくつあるのだろうか…。